リサイクルや廃棄物の調査研究をしています。長い間、関わってきたひとつが紙パックのリサイクル。数多くの市民団体が燃えた希有な時期から20年近くが経過しました。
現在、飲料容器といえば、ペットボトルが圧倒的に多いのは確かですが、紙パックも牛乳やジュース、紅茶・コーヒー、お酒などの容器としてたくさん使われています。
紙パックのすばらしさは、何よりも容器そのものの環境負荷が非常に小さいこと。もっと紙パックのことを社会に知ってもらいたいと思っています。
そのような気持ちから、早稲田大学寄本先生に監修をいただき、全国パック連の平井成子さんや全国牛乳容器環境協議会のみなさんと一緒に作ったのが紙パック宣言です。

なお、これまで調査してきたことのダイジェストが載っているサイトは次の通りです。
全国牛乳容器環境協議会(容環協)

home